家庭菜園

家庭菜園で作れるミニ野菜 おすすめ10選〔バーニャカウダにおすすめミニ野菜〕

ぼんくん
ぼんくん
家庭菜園で作れてバーニャカウダとか、サラダがおしゃれに彩るミニ野菜教えて!

☛大きい野菜は食べきれなくて余っちゃう
☛サラダをおしゃれに彩りたい
☛バーニャカウダに合うミニ野菜を知りたい
☛狭い範囲で家庭菜園を楽しみたい

そんな声にお答えして、今注目のミニ野菜を紹介します。

家庭菜園で作れるミニ野菜 おすすめ10選

〔バーニャカウダにおすすめミニ野菜〕

作る野菜に合ったプランターを選ぶ

 野菜には、ネギやリーフレタスなどあまり上に伸びていかないもの、トマトやキュウリなど上に向かって伸びるもの、ニンジンやラッディシュのうように地中で育つものと種類によって育ち方が違います。育てる野菜にあった大きさのプランターを選ぶ必要があります。

ネギやリーフレタスに最適なプランター

ネギやリーフレタス、ホウレンソウなど上に伸びない野菜は、深さ25cm以上の長方形のプランターを選びましょう。

トマトやキュウリに最適なプランター

トマトやキュウリなど上に伸びていく野菜は、大きさと深さが30㎝以上のものを選びましょう。また、プランターの種類によっては野菜を支える支柱が刺せるように穴が開いているものがあります。設置しやすく倒れにくいのでそのようなプランターを選びましょう

ニンジンやラディッシュに最適なプランター

ニンジンやラディッシュなどの土の中で育つ野菜は、深さ30㎝以上のものを選びましょう。形は正方形のものが一般的です。

アイリスオオヤマ公式通販サイトのアイリスプラザではガーデニング用品が豊富にそろっていますのでそちらから作りたい野菜に合ったプランターを選びましょう

⋙【アイリスオーヤマ公式】アイリスプラザ 【プランター】

プランター用の土選び

家庭菜園用培養土、野菜用の土

プランターの土は、ホームセンターなどで売っている「家庭菜園用培養土」「野菜用の土」と書かれている野菜作りに必要な土や肥料がブレンドしているものを選ぶだけ。(培養土とは、野菜を育てるのに最適な比率でブレンドした土なので、これに肥料等を混ぜる必要がありません)種類も豊富にありますが、あまり大差はありませんのでどれを選んで頂いても問題ありません。
自分で土づくりから始めるには、赤玉土、黒土赤、堆肥、ピートモス、炭などを植物にあった比率で作る必要があります。面倒くさいので迷わず培養土を購入しましょう。

⋙【アイリスオーヤマ公式】アイリスプラザ 【培養土】

プランターに合った土の量は?

プランターを購入した時に、○○リットルと書いてありますので参考にしてください。もし、容量が書いてない場合は下記の計算から大体の容量が計算できます。この計算はあくまでも目安です。プランターの種類による内部構造の違い等がありますので、これだけあれば足りると思う程度に考えてください

家庭菜園で作れるミニ野菜 おすすめ10選

1.ベビーキャロット

 

2.超ミニ大根

 

3.ミニトマト

 

4.ラディッシュ

 楽天市場     Amazon    

5.ミニチンゲンサイ

 

6.ミニカリフラワー

 

7.ガーデンレタスミックス

 

8.ベビーサラダミックス

 

9.サラダミニ白菜

 

 

家庭菜園で作れるミニ野菜 おすすめ10選を紹介しました。このミニ野菜があるだけで、サラダやバーニャカウダが映えることは間違いないでしょう。ミニ野菜なので少しのスペースで家庭菜園が楽しめます。ぜひミニ野菜の家庭菜園にチャレンジしてみてください。